• このエントリーをはてなブックマークに追加

POSレジの最新機能を使いこなして効率アップ

POSレジは、一般的なキャッシュレジスターと異なり、商品のやり取りなどの販売に関する情報を会計データと同時に管理できるシステムを搭載したレジのことを言います。
元々は、顧客情報の管理を必要とする、デパートや大型のショッピングセンター、全国展開を行っているチェーン店などで導入されていることが多かったレジですが、カフェなどの飲食店や日用品の販売店、アミューズメント施設、雑貨店など、チェーン店や個人店に限らず、販売情報の管理の迅速化や効率化を図って導入する店舗も、年々増加しつつあります。近年では、そのシステムもより進化しており、様々な付随システムを利用することで、店舗運営に必要な情報を一括して管理できるシステムの構築なども、革新的に進んでいます。

最新型のレジが、積極的に導入される理由とは

旧来型のキャッシュレジスターではなく、最新型のレジが、個人型の店舗でも、次々と導入されている理由は、POSレジ特有の高い機能にあります。従来のキャッシュレジスターでは、販売した商品の数量や、金額のみのデータを取得できるものが多く、複合的なデータ分析を行うのに、必要なデータが不足しがちでした。販売した商品数や販売金額などのベースとなる情報に、来店人数や顧客の年齢層、性別などのデータを合わせて管理でき、最新型のレジでは、総合的なデータを一括して管理できます。また天候や季節などの要因による、販売数の変動や、顧客の年代の推移といったデータを手軽に分析できることから、今後の経営方針を決めるにあたって非常に重要なデータを蓄積することが可能です。

レジシステムを有効に使って、効率的な店舗運営を実現しよう

POSレジでは、スタッフの勤怠管理や、給与計算などを行える機能を持つものや、クレジットカードの決済を行えるもの、独自のポイントカードを使用できるもの、自動釣銭機を搭載できるものなど、付随できるサービスも多種多様にあります。また、開店前に、レジに入れる、各金種ごとの金額を入力しておくことで、金額の差異が発生した際の分析を行える他、飲食店などでは、各テーブルごとの、注文履歴の閲覧や、来店時間の確認などを随時行うことができ、注文情報の変更や、分割での精算、会員であれば、顧客情報の確認などもすることが可能です。閉店後では、実際にレジにある各金種ごとの金額を打ち込むことで、翌営業日に必要な準備金と、レジにある売上金額、入出金を行った金額の差異も簡単に把握することができます。

ピックアップ記事

業種毎のPOSレジの特徴と料金相場について

POSレジを導入する業種が多くなっています。従来はスーパーマーケットや飲食店が利用するケースが多くありましたが、最近は予約システムとの連携を図る目的で、エステやネイルなどの各種サロンなどが導入するケー...

POSレジのデータ分析で売上アップ

POSレジのデータ分析をすることで売上アップにつなげていくことが出来ます。このことは最近の成功事例を見ても明らかといってもいいでしょう。コンビニの成功例もそうですし、スーパーも今では当然のように使って...