• このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのPOSレジは業種別毎に便利なシステムがあります

スーパーマーケットや居酒屋店、飲食店など業種別毎におすすめのPOSレジシステムがあります。 スーパーマーケットなどの場合は、商品にバーコードを取り付ける事で、商品情報や価格情報を瞬時にデータベース内で検索してレジに送信、それをレシートに印字する事が出来るようになります。 居酒屋店やファミリーレストランなどの飲食店などの場合は、注文を受けると同時に売り上げを計上する事が出来るようになるので、お店のオーナーは現在の売り上げがどのくらいの金額になっているのかをリアルタイムで把握が出来ます。 また、飲食店を利用するお客さんにとってもメリットがあります。 売り上げがリアルタイムに集計が行われているので、会計処理が完了になっているため、お金を支払う時にレジで待つ時間が短縮されます。

スーパーマーケットの販売価格は変動があります

食料品を中心に販売を行っているスーパーマーケットの場合、安売りセールの時などは価格が下げられた形で商品の販売が行われています。 しかし、その都度値札を変えるのは人力作業が必要になりますし、安売りセールが終わった後は値札を元の状態に戻すなどの作業が必要になります。 スーパーマーケットの商品はバーコードが付いていて、レジ会計を行う時にはバーコードリーダーで読み取りを行います。 これはPOSレジと呼ぶレジシステムで、読み取りした情報は商品価格を管理しているデータベース内で検索を行い、価格や商品情報を取り出してレシートに印字するシステムになっています。 そのため、商品のバーコードを変更する事なく、価格を下げる、上げるなどを自在に行えるおすすめのシステムで、業種別に応じてシステムは様々です。

飲食店の場合は専用端末で便利なシステムを構成

飲食店の売り物はスーパーマーケットなどとは異なり料理になるのでバーコードを使う事は出来ません。 これはおすすめとなるPOSレジシステムには業種別に便利な機能が付いている事にも繋がって来ます。 飲食店の場合は、従業員がお客さんから料理の注文を受ける時、専用端末を使うのが特徴です。 専用端末は無線LANで本体システムと連携を行うもので、注文を受けると同時に本体システムには客席番号の情報と料理の注文情報が送信されます。 この時点で、該当テーブルのお客さんが注文した料理の種類と価格が情報として蓄積が行われる事になります。 最後に、会計処理を行う時には合計金額が計上されているので、お客さんがレジに来た時点で会計金額の提示が出来る、お客さんを待たせずに会計処理を行えるなどのメリットを持っているのでおすすめです。

ピックアップ記事

業種毎のPOSレジの特徴と料金相場について

POSレジを導入する業種が多くなっています。従来はスーパーマーケットや飲食店が利用するケースが多くありましたが、最近は予約システムとの連携を図る目的で、エステやネイルなどの各種サロンなどが導入するケー...

POSレジのデータ分析で売上アップ

POSレジのデータ分析をすることで売上アップにつなげていくことが出来ます。このことは最近の成功事例を見ても明らかといってもいいでしょう。コンビニの成功例もそうですし、スーパーも今では当然のように使って...