• このエントリーをはてなブックマークに追加

注目を集めているPOSレジのスペック比較と選び方のポイント

スーパーマーケットなどの小売店や飲食店などのレジステムはPOSレジが主流になっています。 特にスーパーマーケットなどの場合、レジ操作を簡略化する目的でバーコードスキャナーを利用し、金額の入力を行わないシステムが採用されている店舗が多くあります。 商品にバーコードを付けておけば、バーコード情報をバーコードリーダーで読み取りして、商品管理を行っているデータベース内で検索を行えば、商品価格を瞬時にレシートに印字が出来る、価格が変更になった場合でもデータベース内で変更を行えば、商品のバーコードを変更せずに処理が出来るようになります。 尚、レジステムのスペックは様々であり、選び方のポイントはお店に合う製品を選ぶ、スーパーマーケットなどの場合はバーコードスキャナーが使えるものを選ぶなどが大切です。

スーパーマーケットなどのお店はバーコードが使えるタイプ

スーパーマーケットで販売している商品は、販売価格を変える事があるので、商品に付けているバーコードは商品情報が格納してあります。 価格は、商品情報と価格が紐づけされているデータベースの中で管理をしているので、安売りセールを行う時には特定商品の価格をデータベース内で変更すれば良いのです。 スーパーマーケットのPOSレジは、バーコードを読み取る方式のシステムが必要になります。 そのため、システムのスペックとしては、バーコードスキャナーが内蔵してあるもの、バーコードを付ける事が出来ない商品については、タッチパネル操作で商品を選べるなどのシステムが必要になります。 選び方のポイントとしては、レジ操作を行う従業員の多くがアルバイトさんやパートさんになるので、使い勝手が良いものを選ぶのがお勧めです。

飲食店などの場合は端末で入力が出来るタイプ

飲食店で利用するPOSレジは、メニューを構成するタブレット端末などのハードウェアを接続出来るスペックの製品が必要になります。 これはスーパーマーケットとは異なり、売り物が料理や飲み物などになるため、従業員が端末を使ってお客さんが注文したメニューを端末の中で検索を行って注文を確定させるためです。 尚、選び方のポイントとしては、メニューが見やすい事や操作性が良いものなどになります。 オーダーを取るのは従業員になるので、お客さんが選んだメニューをいち早く端末内で検索が出来る、誤動作が起こらないなどが大切です。 ちなみに、端末のメニューは本体システムとは異なり、ユーザーインターフェースを作る事が出来るため、お店に合うメニューを製作してくれる会社を選ぶなども大切です。

ピックアップ記事

業種毎のPOSレジの特徴と料金相場について

POSレジを導入する業種が多くなっています。従来はスーパーマーケットや飲食店が利用するケースが多くありましたが、最近は予約システムとの連携を図る目的で、エステやネイルなどの各種サロンなどが導入するケー...

POSレジのデータ分析で売上アップ

POSレジのデータ分析をすることで売上アップにつなげていくことが出来ます。このことは最近の成功事例を見ても明らかといってもいいでしょう。コンビニの成功例もそうですし、スーパーも今では当然のように使って...